RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

SSHをパスワードなしでアクセスする - 公開鍵認証

2011.02.19 Sat
SSHの設定 - 公開鍵認証

公開鍵認証を使い、SSHをパスワードなしでアクセスする方法。
設定を行うとパスワード入力を省略できる他、
バッチ処理、例えばSSHを経由してのrsyncやsshfsなどを運用する場合にも必要です。

まず、クライアント(アクセスする側)で、
パスフレーズなしの公開鍵を下記の要領で作成します。
「Enter passphrase」と聞かれたら未入力のまま[Enter]を押す。
$ ssh-keygen -t rsa
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/v/home/foo/.ssh/id_rsa):
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:
Your identification has been saved in /v/home/foo/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /v/home/foo/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
45:eb:52:5f:ad:8c:f3:c5:b5:45:f7:5r:1d:98:c5:b4 foo@example
The key's randomart image is:
+--[ RSA 2048]----+
| . *+ |
| . .+o o+|
| + .E*|
| + .++ +*|
| S . + +.=|
| . o++ |
| o |
| |
| |
+-----------------+

すると、$HOME/.ssh/id_rsaと$HOME/.ssh/id_rsa.pubという二つのファイルが作成される。

この内、id_rsa.pubをサーバ(アクセスされる側)にコピーします。
実際には、ファイルの内容をサーバ側の$HOME/.ssh /authorized_keysに追加します。
そして、アクセス権を0600すなわち、Ownerのみ読み書きができるように設定します。
また、「.ssh」ディレクトのアクセス権も0700になっているか確認してください。

以上で、パスワードなしでアクセスできるようになります。

sshでパスワード認証ではログインできるが公開鍵認証ではログインできない場合は?
たいていの場合、「.ssh」内のファイルのアクセス権が自分以外でも読み書きできたり、
ホームディレクトリのアクセス権が他人でも書き換えられるようになっていると、
sshは安全のため、認証を行わなくなります。

「.ssh/authorized_keys」は600が原則です。
ホームディレクトリは最低でも755にしておきます。


Windowsの商用SSHクライアントからLinuxのOpenSSHサーバにパスワードなしでアクセスするには?

商用SSH(学術機関などではフリーで使えるバージョンが公開されている)とOpenSSHでは鍵を変換しないと使えません。
まず、クライアント側Windowsのコマンドプロンプトで、公開鍵を以下の要領で作成します。
C:\>ssh-keygen2 -t rsa
Generating 2048-bit rsa key pair
5 oOo.oOo.oOo.
Key generated.
2048-bit rsa, foo@BAB4380083, Fri Apr 07 2006 05:28:47
Passphrase :
Again :
Key is stored with NULL passphrase.
(You can ignore the following warning if you are generating hostkeys.)
This is not recommended.
Don't do this unless you know what you're doing.
If file system protections fail (someone can access the keyfile),
or if the super-user is malicious, your key can be used without
the deciphering effort.
Private key saved to C:/Documents and Settings/foo/Application Data/SSH/UserKeys/id_rsa_2048_a
Public key saved to C:/Documents and Settings/foo/Application Data/SSH/UserKeys/id_rsa_2048_a.pub

できたid_rsa_2048_a.pubをサーバ側のLinuxに持って行きます。
これを次のコマンドで変換する。
$ ssh-keygen -i -f id_rsa_2048_a.pub > id_rsa_2048_a_openssh.pub

これで、id_rsa_2048_a_openssh.pubはOpenSSHで使える公開鍵に変換された。この内容を、$HOME/.ssh/authorized_keysに追加してやると、商用SSHから、パスワードなしでアクセスできるようになります。

なお、同様に、商用SSHの秘密鍵をOpenSSHで使える形式に変換するには、
$ ssh-keygen -i -f id_rsa_2048_a > id_rsa

とする。そしてid_rsaを自分のホームディレクトリ上にある.sshに移動して、アクセス権を600にします。
ファイル名は必ずir_rsaとします。(id_rsa_2048_a_openssh等にすると、うまくいきません)

Category:未解決メモ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

スレッド(Thread)でDBを検索途中でキャンセルする

2011.02.19 Sat
・DB検索スレッドクラスを定義
Connectionインスタンスを別スレッドからcloseできるように、static変数にする。
Connectionインスタンス、Statementインスタンスをcloseするメソッドを作る。

1.検索ボタンを押されたら、DBを検索するスレッドのインスタンスを生成してstartする。このインスタンスは、別のスレッドから触れるようにしておく(staticにしてしまうとか)

2.中断ボタンを押されたら、DB検索スレッドインスタンスのConnectionをcloseするメソッドを叩く。このとき、使用中のConnectionをcloseするので、多分Exceptionが吐かれるので、ちゃんとハンドリングしておく。

Category:未解決メモ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

重いWEBサイトを画像から改善する ~ プログラマ&デザイナのわがまま

2011.02.15 Tue
WEBサイトが重い原因の一つとして、
サイトで使用している画像数とそのファイルサイズがあげられます。

接続速度の高速化に伴って改善されてはいるのですが、
やはり、スマートフォンや通信カードを使用しているユーザーには、
サイト表示にかかる時間、いわゆるレスポンスタイムがストレスの原因になっています。
いかに良いプログラム・良サーバーでも、
実際の表示速度に影響するのは20%ほどです。
残り80%は、表示するユーザーの環境、
 ・ユーザーのマシンスペック
 ・回線速度
 ・ブラウザ
 ・その他(サードパーティ・アドオンなど)
主に上記になります。

HTML/CSSは、テキストベースで構成されてはいますが、
画像を差し込むことでさらに綺麗にみせることができます。
しかし、その画像がリソース圧迫やデータ転送数を増やすボトルネックなのです。

そこで注目されているのが、
画像を極力減らし、ファイルサイズを小さくしよう!
というプログラマ達が知恵を絞って考えた方法が、
昔からある「CSS Sprite」という手法になります。

背景やボタンのパーツを一つの画像にまとめるという方法です。
ひとつの画像にまとめることで、
 ・リクエスト数(データの転送回数)が軽減される
 ・複数のデータをまとめたことで単体のときよりもデータサイズが軽くなる
というメリットがあります。

逆にデメリットで大きな点は、
 ・メンテナンスが大変
 ・コーディングおよび画像作成に手間がかかる(コストがあがる)
になります。

上記、デメリットのおかげで、
プログラマやデザイナにはあまり好まれない手法ではあるのですが、
実際には、
コードを組めないプログラマや、
画像改善の方法を知らないデザイナのわがままが、
改善を妨害している大きな原因ではないでしょうか。


Category:コラム | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

CSS ハック

2011.02.14 Mon
Internet Explorer

IE6以下
#help_me { _color: blue; }
* html #help_me { color: red; }

IE7
*:first-child+html #help_me { color: red; }
*+html #help_me { color: red; }

IE6, IE7
#help_me { /color: blue; }

IE8
#help_me { color: blue\9; }

IE7, IE8
#help_me { color/*\**/: blue\9; }

IE6以外
#help_me { color/**/: blue; }

IE6, IE7以外
html>/**/body #help_me { color: red; }

IE6-IE8以外
:root *> #help_me { color: red; }


モダンブラウザ

Firefox
#help_me, x:-moz-any-link { color: red; }

Firefox 3.0以上
#help_me, x:-moz-any-link, x:default { color: red; }

Safari 2-3
html[xmlns*=""] body:last-child #help_me { color: red; }

Safari 2 – 3.1
html[xmlns*=""]:root #help_me { color: red; }

Safari 2 – 3.1, Opera 9.25
*|html[xmlns*=""] #help_me { color: red; }

Safari 3以上, Chrome
@media screen and (-webkit-min-device-pixel-ratio:0) {
#help_me { color: red; }
}

Safari 3以上, Chrome, Opera 9以上, Firefox 3.5以上
body:nth-of-type(1) #help_me { color: red; }
body:first-of-type #help_me { color: red; }

Opera 9.25以上
;;body #help_me { color: red; }
html:\66irst-child #help_me { color: red; }

Opera 8, 9以外
body[class|="hypen-ated"] #help_me { color: red; }

iPhone
iPhoneのみCSSを適用。

/* iPhone / mobile webkit */
@media screen and (max-device-width: 480px) {
#help_me { color: red; }
}

Category:HTML / CSS | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

Eclipse + Aptana2 + Zen-Coding

2011.02.12 Sat
HTML/CSSやJavaScript(JQuery)のコーディングの効率が悪い。
そこでもっと効率化できないかとエディタを探してみた。
Java開発で馴染みのあるEclipseがそのまま使える、
Aptana2とZen-Codingが良い感じらしいのでセットアップしてみる。

2011.02.12現在、Aptanaのセットアップには2パターンが存在する。
 ・Eclipseプラグイン
 ・zipからインストール
プラグインにすると日本語化した場合に、
-cleanコマンドで起動しないと正常に動かなかった。

------------------------> zip
1. Eclipseのインストール・更新 Eclipse MonkeyとMozilla Rhino をインストール
 http://download.eclipse.org/technology/dash/update/

2. Aptana用のzen-codingダウンロード
 ここから

3. プロジェクトにscriptsフォルダをつくり、解凍したzen-codingのファイルを全てコピーする
  ( __MACOSXはMac用なので不要)

※ 自分のEclipse3.6環境では、なぜかZen-CodingのCtrlキーが認識しなかった。
  Alt+Eなどにキーバインドを変更したところ正常に動作。
  その他ショートカットも同様にAltに変更。


------------------------> プラグイン
1. Eclipse本体(3.6)
 http://mergedoc.sourceforge.jp/

2. インストール・更新
 Aptana Studio Update Site
   - http://download.aptana.org/tools/studio/plugin/install/studio
 Zen Coding for Eclipse updates
   - http://zen-coding.ru/eclipse/updates/

※ 日本語化してしまうと、なぜかZen-Codingが動かない。
  Eclipse起動時に-cleanコマンドを追加することで、一応動く



Category:エディタ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。